環境への取組み

弊社は、2000年に環境に関する国際規格であるISO14001の認証を取得し、環境パフォーマンスの向上、順守義務への適合及び、環境目標を満たすことを目的とした環境マネジメントシステムを運用しております。

環境基本方針

  1. 環境関連の法令・諸規則を遵守し、環境保全及び環境汚染の防止に取り組みます。
  2. 事業活動により生ずる環境への影響を自主監査し、環境保全・排出物の削減、リサイクル・リユースの推進、資源・エネルギーの有効活用に努めます。
  3. 環境負荷低減に適合する資材及び機器類を優先的に選定し購入します。
  4. 定期的に環境監査を実施し、環境システムの維持と継続的な改善を図ります。
  5. 全社員に対して、環境教育を実施します。
  6. 当社の社員は、家庭や地域住民の一人として、環境保全や生物保護の観点から環境を重視した行動を心がけます。
  7. 環境目的・環境目標を定め、これを達成するために実施計画を立て運用していきます。

環境マネジメントシステムの適用範囲


  • 当社の敷地における事業活動、製造・製品開発する製品、提供するサービス及び、当社で働く又は当社管理下で働く人に適用する。
  • 省エネ活動紹介

    • 省エネ活動img
    • 省エネ活動img

    2007年6月にアズビル株式会社の紹介で、188トンのCO2排出量削減の試行を行い、民間企業では日本初となる第三者認証機関の株式会社JACO CDMからCO2排出削減証書を授与され、メディアでも紹介されました。

    アズビル太信がCO2削減に取り組んだ内容の一部として構内に自噴している地下水を利用し、はんだを溶かす250℃の電気炉(リフロー炉)の温度が上昇を抑制するための冷却装置の使用を中止し、地下水を直接リフロー炉の回りを循環させることにより使用電力を削減いたしました。

    また夏季は屋根に地下水を散水し、エアコンの替わりに地下水を利用した冷風機を設置することで、エアコン6機中4機を停止させることが可能となりCO2削減に貢献しています。遮光シートやヨシズも省エネに役立つアイテムとして利用しています。

    ページの先頭へ

    アズビル太信株式会社